実績・実例紹介 住まいる東北


トップぺージへ戻る

実績・実例紹介

お客様の状況に柔軟に対応して、問題を解決するベストプランをご提案致します。

戸建て売却・ご購入の例

不動産相談会がきっかけで空き家の売却が決まったSさんの場合

弊社が月1回開催している不動産相談会にてお話をしていた時に、長年空き家にしている物件があるので、これを機会にと売却を依頼されたS様。実際に現地を見てみると、床は腐り、震災の影響か一部天井材も落ちていて中々の状況。通常であれば、解体して更地の販売も考える所ですが、今のご時勢なら、震災で被災して安い建物を自分で直して住みたいというニーズもあるかと思い、あえてそのままで売却。
販売後すぐにお住まいだった賃貸住宅が震災で全壊して、中古戸建を探していたお客様が購入しました。設計のお仕事をされていて建物の修理はお手の物との事です。売主買主双方に喜んで頂ける取引となりました。

戸建て売却・ご購入の例

不動産相談会のハガキがきっかけで売却(当社買取)を行ったH様の場合

5LDKと部屋数が多目のミサワホームへお住まいのオーナーH様。お子様達が独立し、家を出ていって部屋数があまってきた中、娘夫婦の近所へ住替計画を考えていた様子でした。ちょうど近くに売り地が出て、申込みを行いました。
しかし、新しくお建てになるお住まいの資金計画には、現居を売ったお金を自己資金として組み入れているとのことでした。
ハガキをきっかけで、上記の内容をお伺いした結果、総合的にお客様のことを考えて当社で買取ることを提案。お客様も売れないと次へ進めない。仲介で出してもいつ売れるか分からない。などの心配が解消され当社で買取る提案を快く受けることに。結果、住替え計画もスムーズに進み、ミサワホームへ相談して本当に良かったと感謝されています。

戸建て売却・ご購入の例

郊外分譲地から中心部への住み替えを計画した共働きのSさんご夫婦の場合

大手ハウスメーカーの郊外分譲地にてゆったりと暮らしていたS様。
しかし、奥様が市内中心部で働くようになり通勤が負担に。元々家の広さも広すぎると感じていたので、中心部への住み替えを計画。売却の依頼を受けました。
転勤で急ぎ住まいを探していたお客様と商談がまとまり、住み替え先の土地も決まって今は新居をお打合せで忙しい毎日です。

戸建て売却・ご購入の例

娘さんと同じ団地内の中古戸建を希望されたI様の場合

八乙女駅近くに住んでいらしたI様、ご自宅が震災で被災し、住めない状態となりました。
ご年配の方で、娘さんが郊外の団地に住んでいるということもあり、同じ団地内の中古戸建を希望、たまたま同タイミングで媒介を受けた物件が「同じ団地」でご紹介したところ、気にいっていただき成約となりました。
買主様にも、売主様にとってもそれぞれすぐの成約となったので双方から満足いただけました。

戸建て売却・ご購入の例

震災で被災され中古物件を購入したK様の場合

震災で被災をされたお客様から、当社のホームページを通して、手ごろな金額で中古物件が欲しいとのお問い合わせをいただきました。
ちょうど、媒介してすぐの情報があったのでご紹介したところ、ご案内させていただき、すぐにご結論をいただきました。物件にも大変ご満足いただけました。

東北エリアはおまかせください。

「ミサワホームグループ」のノウハウと総合力、全国各地のディーラーや全国不動産情報ネットワークとの連携で、あらゆる不動産取引のご要望にお応えできます。「住まいる東北」では東北エリアの物件を手厚く取り扱っており、キャリア豊富なスタッフがチーム体制で、お客様の資産売却・購入・住み替えのアドバイスをさせて頂きます。